部品調達について(開発と部品選定)
  • 376

部品調達について(開発と部品選定)

相信のサービスの大きな特徴の一つが、部品の全調達です。
新規調達ももちろん承りますが、社内にかなりの数の在庫を保有しており、
必要に応じて1個からご提供が可能です。

相信では半数以上の製造案件に部品調達も含まれているので、
専任の調達チームが商社とやり取りをして、部品を調達しています。
少量入手であればどのメーカーなら入手しやすいか、コストメリットが出せるか、
どの部品が中止品か、今後の廃止予定品か、等の情報も集まって来て、
社内でも自然と共有されます。

回路設計時の部品選定も、この情報を踏まえた形で行われます。
部品の入手性やコストを踏まえた回路設計は試作のスケジュールはもちろん、
その後の量産コストに非常に良い影響を及ぼします。
このノウハウは一朝一夕に蓄積されるものではなく、
部品調達に強い実装工場が提供する開発サービスだからこそのものと
自負しております。

日本経済の軸となる産業の一つである電子部品業界ですが、
近年は競争の激化や業界の再編等の影響で先行きは不透明になっております。
日々取得している情報と、確かな設計技術でお客様により良い提案を致します。

お気軽にご相談下さい。

© Copyright 2015 株式会社相信